顔面発射 とは?│デリヘル用語辞典

デリヘル用語辞典

講師紹介

名前
マスオ先生
タイプ
変態
趣味
妄想
メッセージ
デリヘル嬢100人呼べるかな~

顔面発射

顔面発射(がんめんはっしゃ)とは、いわゆる顔射(がんしゃ)と呼ばれる性行為の事で、主に男性が射精する際に、女性の膣内や腹上、臀部等ではなく女性の顔に射精する性的趣向の一種である。

なぜ男は女の顔に自らの精液をぶっかけたくなるのか?それは定かになってはいないが、一種のマーキング行為「この女は俺のモノ」理論や、女性がわざと嫌がる行為をする事によって更に性的興奮を高める等、様々な要因が関係しているのではないかと言われている。

ただ顔射という行為はやはり女性側もかなり心理的嫌悪感、屈辱感を感じる為、本当に愛してる男性、彼氏や夫に頼まれた場合を除いてはほとんどの場合NG行為に分類されている。

そんなNG行為をOKにしてしまうのが風俗店やデリヘルの有料オプションなのだ。そう、金を払えば顔射の一発や二発ちょちょいのちょいさ、という女性は結構いる。そして多くの風俗店では顔射のオプションを採用しており、概ね3000~5000円程度の値段で顔射を楽しむことが出来る。

ただし、顔射オプションOKの風俗嬢はやはりどこか頭のネジが飛んでおり、俗に言う変な子が多い印象は否めない。それでもごく稀に、非常に可愛い女の子が顔射OKを出していることがあるが、そういう女の子は大抵、ホストに狂っている場合が多い。

そう、女をただの道具としか見ていない男は顔射なんて当たり前、ゴックン、アナルだって当たり前なのだ。そして一説によると、顔射やゴックン等のハードなプレイを彼女に要求するのは可哀想だ、と感じる男性も少なからず存在し、セフレにはどんな卑猥なプレイも強要するが、彼女には一切そういうプレイを強要しない、という性欲処理対象と恋愛対象を分けている男性も存在する。

こういった男性達は非常に彼女を大切にする傾向が強いので、彼氏から大切にされたい…と思っている女性はセックスの要求度でどれだけ自分を大切にしているかを量ってみるといいかもしれない。がしかし、ここで男性陣が注意しなけらばならないのは、多くの女性は好きな人から乱暴なセックスをされてみたいという願望を少なからず持っているという事を忘れてはいけないというところにある。

そこで良く耳にするのが、あまりに女性を大切に扱い過ぎると、「つまんない男」というレッテルを貼られ逆にフられてしまうというものだ。

やはり、ベッドの中では甘く、しかし時には尻をピシャリと叩くくらいの情熱が欲しい、というのが女性の希望なのだろう。

参考動画