オールヌード とは?│デリヘル用語辞典

デリヘル用語辞典

講師紹介

名前
マスオ先生
タイプ
変態
趣味
妄想
メッセージ
デリヘル嬢100人呼べるかな~

オールヌード

オールヌードとはその字の如く風俗嬢がすっぽんぽんになる、という前提の基本サービスである。

えっ?なにそれ?と思う方もいるかもしれない。とくに風俗未経験の男性諸君は全裸じゃないの?と疑問を感じるかもしれないが、店によっては全裸ではなく、半裸やまったく脱がないサービスもありえるので風俗へ遊びに行ったはいいものの女の子が裸にならなかった!なんて文句は恥ずかしくて言えたものではないので若干注意が必要だ。

ちなみにどうして全裸なのか半裸なのか、はたまたまったく脱がないサービスがあるのかというと、実は法律はまったく関係ない。ようするにその風俗店の方針なのだ。だいたいまったく知らない男のチンポしゃぶったりシコシコしたりするんだから女の子だって覚悟はしているはず。乳首がなんぼのもんなんじゃい、と多くの風俗嬢は思っているはずだろう。がしかし、ここは変態大国日本。色々なシチュエーションがあっても不思議ではない。そして風俗業界で働いている女の子の中にもフェラはOKだけどキスはダメ、とかアナルファックはOKだけどフェラはダメ、即尺はいいけど顔射はダメ、とかもうほんと意味がわからない女の子がたくさんいる。

いったいどこが線引きなのかは男からしたら謎なのだが、女の子というのはとにかくそういうことにウルサイ。しかしそこは黙って受け入れるのが変態紳士だと言えよう。ちなみに、大きく分けると、デリヘル、ホテヘル、ヘルス、ソープはすっぽんぽんのいわゆるオールヌードが基本だ。なので女の子の全裸が見たい!という方はこのジャンルの風俗で遊べばまず問題ないだろう。ちなみに風俗エステや、オナクラ、手コキ専門店やピンサロはほとんどの場合オールヌードではない。オプションでオールヌードを頼むことも出来るが、その場合はお金がかかってしまう。

そこで気になるのが、じゃあオールヌードNGってことは可愛い娘が多いんじゃない?と考える変態紳士もいるだろう。まぁ確かに理屈的には合っているが、実はほとんどそんなことはない。正直、金だ。金が全てものを言う。著者の経験上、ホテル代抜きの60分20000円以下の店で可愛い子を探そうと思うのなら10回に1回会えれば良い方だと思っておいた方がいい。世の中金が全てものを言う。可愛い娘に会いたいのであればケチケチせずに高級店へ行こう。目安は60分22000円以上の店を探すと良い、60分18000円や19000円辺りのいやらしいところを狙ってくる風俗店は正直、安物買いの銭失いだと断言しておこう。

参考動画