オナクラ(オナニークラブ) とは?│デリヘル用語辞典

デリヘル用語辞典

講師紹介

名前
マスオ先生
タイプ
変態
趣味
妄想
メッセージ
デリヘル嬢100人呼べるかな~

オナクラ(オナニークラブ)

オナクラ(オナニークラブ)とは、個室内で男性客がオナニーする様子を女性店員に見てもらう風俗店の一種。女性店員は基本的に着衣のまま見ているだけで、ファッションヘルスのように女性店員から男性客への性的サービスは無いものとされる。草創期の一時期、「プラトニッククラブ」を略し「プラクラ」と呼称されていたこともある。(wikipediaより抜粋)

まぁようするにそういうことである。このオナクラ、まさに変態大国日本の生んだ風俗であり、きっと世界で唯一日本だけにある風俗店、それがオナクラ(オナニークラブ)なのだ。

オナニーとは日常の中にあって、その空間、行為を決して他人に見られてはいけないものだ。なのになぜそれを他人に見せつけ、更にそれで性的興奮を得ようと思い立ったかは定かではないが、確かに女の子に見られながらオナニーをするという行為はなぜか興奮してしまうものがある。

これは言わば小学生の時に好きな女の子のリコーダーを舐めてみたり、好きな女の子の体操着の匂いを嗅いでみたりする心理に近いものがあるのではなかろうか?

いわゆる逆の発想である。好きな女の子に近づきたい…なんとしても近づきたい。触りたいし、色んなところをクンカクンカしてみたい。ていうか舐めたい。全身舐めまわしたい…でもできない!ならせめて自分の一番恥ずかしいオナニーという行為を見せ付けてやりたい!

こうである。この発想こそが変態大国日本の歪んだ性癖であり、世界中の人種から畏怖と畏敬の念を持ってHentaiと呼ばれる日本人男子のエロクオリティなのだ。

しかしこんなことを言っていると、もうほんと男ってバカ、いっつもエッチなことばかり考えてほんとサイテー!とかいう女子がたまにいるがちょっと待っていただきたい。私は真実を知っている。そう、女だってイケメンがスポーツをした後に汗を拭いたタオルとかを死に物狂いで奪い合い、手に取った瞬間匂いを嗅いでいる姿を私は幾度となくこの目で見てきた。

きっと彼女達は家に帰るまでその匂いを脳内と鼻腔にしっかりと記憶し、自分の部屋に帰ってからその匂いと記憶を蘇らせパンツを脱いでそのイケメンとの淫らな行為を妄想しマンズリしているに違いないのだ。ていうか絶対している。

直接的か間接的かの違いはあれど、男も女もドスケベなのだ。私が今日言いたかったのはそういうことなのである。

参考動画